募集名と実際の仕事内容

「〇〇コンシェエルジュ」の募集となっていて、
応募をしてみたところ、実は営業職の募集だった。

 

会社によって募集職種の呼び名が違う為に、
実際の仕事内容がわかりずらい場合があります。

 

また、営業職であっても、商品や会社の方針によって
仕事内容が全く違ってきます。

 

飛込み営業なのか、反響営業なのか、
扱う商品はどのようなものなのか。

 

呼び名のイメージでご案内をすれば良いのかと思っていたら、
実際は飛込み営業ということもありえいるので、
呼び名のイメージで判断せず、実際の仕事内容をしっかりと確認しましょう。

 

大手求人サイト3社
 リクルートエージェント  リクナビNEXT  パソナキャリア

求人数業界最多5万5000件! 求人の最大手リクルートの求人サイトです。求人数や転職支援実績、さらには顧客満足度もNo.1です。

転職者の約8割が利用! 転職をした方の約8割がリクナビNEXTの利用者というほど皆が利用しているサイトです。

取引企業12,000社以上! パソナキャリアで転職した人の67.1%もの方が年収アップに成功しています。