実際に働く勤務地はどこ

ハローワークには求人票というものがり、
その求人票には募集した会社が記入した住所が載っています。

 

求人票に載っている場所で働くと通常は思いますが
その住所で働けるとは限りません。

 

会社によっては、他の店舗の求人もハローワークに掲載しています。

 

求人票には本社の住所が書いてあり、実際に働く場所は他の営業所であったり、
その営業所によっては、勤務時間も異なる場合があります。

 

求人票の場所で働けると思って応募をしたところ、
実際の勤務地が別の場所のため、引っ越しなんてことも。

 

しかも、引っ越しまでしても住宅手当が出ないところも普通にあります。
実際に自分が働ける場所がどこなのかを事前に確認しましょう。

 

実際に自分が働ける場所はどこなのか、希望は聞いてもらえるのか、
転勤の可能性はあるのかなどしっかりと確認しましょう。

 

一緒に通勤の便や、交替制の有無などもあわせて確認すると良いでしょう。

大手求人サイト3社
 リクルートエージェント  リクナビNEXT  パソナキャリア

求人数業界最多5万5000件! 求人の最大手リクルートの求人サイトです。求人数や転職支援実績、さらには顧客満足度もNo.1です。

転職者の約8割が利用! 転職をした方の約8割がリクナビNEXTの利用者というほど皆が利用しているサイトです。

取引企業12,000社以上! パソナキャリアで転職した人の67.1%もの方が年収アップに成功しています。