ハローワークをフル活用して転職・再就職に成功する方法などです。求人情報サイト一覧もあり便利です。
ハローワーク

らくらくハローワーク 求人情報

「らくらくハローワーク 求人情報」はハローワークをフル活用して
転職・独立、再就職に成功するためのサイトです。

求人情報サイト一覧
 正社員の求人情報
 女性のための求人情報
 人材派遣の求人情報
 内職の求人情報
 アルバイトの求人情報
 営業系の求人情報
 事務系の求人情報
 介護系の求人情報
 看護師の求人情報
 薬剤師の求人情報
 医師の求人情報
 WEB・ITエンジニアの求人情報
 製造系・物作り系の求人情報
 ショップ・レストラン求人情報
失業保険
 すぐに失業保険をもらう技
 楽に求職活動の実績をつくる技
就職活動
 転職支援サービス
 求人が多い時期
 求人情報の傾向
 履歴書の書き方
 職務経歴書の書き方
 人材派遣もおすすめ
 派遣会社 ランキング
職業訓練校
 ハローワーク 職業訓練校
 職業訓練校のメリット
ハローワーク
 再チャレンジ転職法
 ハローワークとは
 ハローワークの種類
 ハローワークでの求職活動
 ハローワークの営業時間
 ハローワークで失業給付
 ハローワーク3倍まる得活用術
 本の紹介
ハローワークの所在案内
 ハローワーク
 マザーズハローワーク
バイト・仕事の豆知識
 労働基準法
 男女雇用機会均等法
 社会保険
 ハローワーク 使い方
 ハローワーク 営業時間
ハローワーク TOP > 楽に求職活動の実績をつくる技

楽に求職活動の実績をつくる技

失業給付を受けるためには失業の認定を受けようとする期間中に、原則として2回以上の求職活動の実績が必要となります。
さらに、 自己都合で退職した場合は、はじめにハローワークへ手続をした日から、7日間の待機期間の後3ヶ月間は支給がありませんが、この期間とその直後に指定されている認定日の前日までの期間については、原則として3回以上の求職活動の実績が必要になります。

そこで、楽に求職活動の実績を作る方法ですが・・
一番楽なのはハローワークで求人の検索をすること、、なんですが、 実益も兼ねた上で楽なのは、転職サイトに登録しておくこと

メリットは、いちいちハローワークに行って、検索をしなくても条件を伝えておけば、向こうから仕事を紹介してくれること。
それで面接まで行けば、失業保険をもらうための求職活動の実績としてカウントもできちゃう!
実際、ハローワークは求人をだすのにお金がかからないから、お金のない会社やケチな会社が求人をだしてることが多いので、ハローワークで仕事を決めること自体やめたほうがいい。
ちなみに求人サイトに求人をだすのにかかる費用は100〜200万円。 それだけ余裕のある会社が求人をだしてるってこと。
なので、ハローワークで検索なんてしてるよりも、将来的にもいいのは求人サイトに登録!

「でも、求人サイトってどこに登録したらいいの?」
答えは 「気になったらとにかく登録する」です。
どのサイトも同じように見えますが、それぞれに特性があり情報の集まり方も違います。
一般的には5箇所くらいの転職サイトには登録するべきと言われています。

その中でも必ず登録しておいたほうがいいのが、次の大手3つです。もちろん無料!

求人数、転職支援実績、顧客満足度No.1 リクルートエージェント
  完全無料!リクルートエージェント。圧倒的な求人数と転職成功ノウハウ。
プロが転職をフルサポート ・ 求人の90%は非公開求人【転職成功実績No.1】
転職者の8割が利用 リクナビNEXT
  【リクナビNEXT】は、求人情報はもちろん、スカウト機能や転職のノウハウなど
お役立ちコンテンツで、あなたの転職活動をサポートする転職サイトです。
67.1%が年収アップ パソナキャリア
  パソナの取引企業は1万2000社。あなたの希望にあう求人をご紹介します。
専任アドバイザーによる模擬面接等転職を有利にするサービス満載です。
女性の方はこちら → 女性の転職・人材紹介サービス ウーマンウィル (Woman Will)

その他は「求人情報サイト一覧」で自分にあったものをみつけるといいでしょう。

  次へ