ハローワークをフル活用して転職・再就職に成功する方法などです。求人情報サイト一覧もあり便利です。
ハローワーク

らくらくハローワーク 求人情報

「らくらくハローワーク 求人情報」はハローワークをフル活用して
転職・独立、再就職に成功するためのサイトです。

求人情報サイト一覧
 正社員の求人情報
 女性のための求人情報
 人材派遣の求人情報
 内職の求人情報
 アルバイトの求人情報
 営業系の求人情報
 事務系の求人情報
 介護系の求人情報
 看護師の求人情報
 薬剤師の求人情報
 医師の求人情報
 WEB・ITエンジニアの求人情報
 製造系・物作り系の求人情報
 ショップ・レストラン求人情報
失業保険
 すぐに失業保険をもらう技
 楽に求職活動の実績をつくる技
就職活動
 転職支援サービス
 求人が多い時期
 求人情報の傾向
 履歴書の書き方
 職務経歴書の書き方
 人材派遣もおすすめ
 派遣会社 ランキング
職業訓練校
 ハローワーク 職業訓練校
 職業訓練校のメリット
ハローワーク
 再チャレンジ転職法
 ハローワークとは
 ハローワークの種類
 ハローワークでの求職活動
 ハローワークの営業時間
 ハローワークで失業給付
 ハローワーク3倍まる得活用術
 本の紹介
ハローワークの所在案内
 ハローワーク
 マザーズハローワーク
バイト・仕事の豆知識
 労働基準法
 男女雇用機会均等法
 社会保険
 ハローワーク 使い方
 ハローワーク 営業時間
ハローワーク TOP > 求人情報の傾向

求人情報の傾向

求人広告で代表的なものには、ハローワークの求人票、新聞の求人広告、折り込み求人チラシ、就職情報誌、インターネットでの求人があります。それぞれの求人広告の傾向を知っておくといいでしょう。

ハローワークの求人情報
ハローワークに登録されている求人のほとんどは、従業員100人以下の中小企業ですから、
給料や休日、福利厚生などの条件・待遇面では大手に比べれば見劣りしがちです。
ですが、とにかく情報量が多いので目を通しておいたほうがいいでしょう。
中には自分に合ったよい求人情報も必ずあります。

ハローワークの求人を上手に利用する方法はこちら

新聞の求人広告
夕刊紙やスポーツ紙の求人はガテン系が多く、朝日、毎日、読売などの一般紙にはホワイトカラーが多いといった職種の違いがあります。募集企業の信用度も一般紙のほうが高いと言っていいでしょう。

折り込み求人チラシ
よい点としては地域密着性が強く、地元での募集情報が掲載されていることです。ただし、チラシによって掲載されている情報に差があり、ヤバ目の会社も掲載されているので注意が必要です。

就職情報誌
こちらも折り込みチラシと同じように地域密着という強みと 、雑誌によって差があります。ただし、最近の雑誌は質の高いものが多く、掲載量も豊富なのでよい会社がみつかることもあります。

インターネットでの求人
多くの情報の中から、勤務地、職種、条件などを簡単に絞り込むことができ、大手の転職サイトであれば、掲載にもかなり高額の費用がかかるので、お金がない会社というのは少ないといえます。