ハローワーク求人が多い時期

求人は月の頭が求人が多いです。
月の終わりに向かって徐々に求人が減ってきます。

 

これは傾向という意味ですので、新しい求人を探すためには、毎日求人を見る必要があります。

 

ハローワークの求人が更新されるのは、午前4時から午前6時までの約2時間です。

 

ですので、朝早起きをして、ハローワークインターネットで、午前6時から午前9時くらいに確認をすると新しい求人が見つかります。

 

ですので、良い求人を見つける為には、朝早起きをしてハローワークインターネットで求人を探して、すぐに自分の管轄のハローワークに行って面接の予約を取りましょう。

 

ハローワークが混雑しているのは

ハローワークが混雑しているのは、月曜日です。みんな、土日にゆっくりした分、月曜日に気合を入れて仕事探しをします。

 

でも、毎日通うのも大変なので、週の半ばは人が減ってきて、また、土日を迎える前の金曜日に仕事を探し始めます。

 

ですので、週の半ばに利用すると良いでしょう。

 

さらには、雨の日の午前中はかなり人が少ないです。

 

ハローワークで探すなら「朝」!
ハローワークの「よくあるご質問」にある以下の回答をご存知でしょうか?
https://www.hellowork.go.jp/help/question01.html

Q1.求人情報・雇用関連情報はどのようなタイミング、頻度で更新されているのですか。

 

A1.【求人情報】
毎日午後9時30分時点の最新の求人情報を、翌日午前6時頃に更新しています。
【雇用関連情報】
毎日午前3時時点の最新の雇用関連情報を、午前4時頃に更新しています。

つまり、新鮮な情報は朝にあります。

 

この情報を知っている人は、朝の6時ころから自宅でハローワークインターネットを利用して、仕事を探し始め、ハローワークの開始時間に行って面接の予約をしてしまうのです。

 

しかも、ハローワークが込み始めるのは午後なので、空いている時間帯に面接予約等の手続き完了です。

 

曜日で言うと、混んでいるのは月曜日、金曜日です。
週の初めに仕事を探そうと感がる人が多いのと、休み前に再度、仕事を探そうという人が多いからです。

 

また、月末で会社を辞める人が多いため、企業が多く求人を出すのは月の初めです。

 

つまり、月初めの朝に求人を探すことで、良質な求人に出会える確率が上がってきます!

 

ハローワークが強い求人とは

求人を探す時に、考えられるのは

 

ハローワーク
人材紹介会社
新聞の求人広告
求人雑誌
求人サイト
就職イベント など。

 

様々な方法が思いつくと思います。

 

今回、ハローワークを利用するのであれば、ハローワークがどのような求人に強いのかを知る必要があります。

 

それは、ずばり「地元の企業」です。
ハローワークには地元中小企業の情報が豊富にあります。

 

また、年齢的に再就職が厳しいかもという方向けの求人もあります。

 

このような求人の特徴としては、給与面や待遇面では質が落ちます。

 

もし、このような条件で求人を探しているのではなく、もっと質の良い求人を探しているのであればハローワークは向いていないでしょう。

 

そのような場合は求人サイトを利用すると良いでしょう。

ハローワークの使い方 求人編

良質な求人はどこにあるの?

 

ハローワークに求人を出すことは無料です。
ということは、どのような会社がハローワークに求人を出すと思いますか?

 

「お金に余裕の無い会社」や「求人にお金を使うつもりの無い会社」が求人を出すのです。
つまり、そもそもハローワークの求人には、良質な求人が少ないのです。

 

では、どこに良質な求人ががあるのか?

 

それは、「大手求人サイト」です。

 

大手求人サイトに求人を出す場合、100万円単位でお金が必要になります。
つまり、「お金に余裕のある会社」や「求人を真剣に考えてお金を使っている会社」が
大手求人サイトに求人を出しているのです。

 

大手というと、限られていて、
 リクルートエージェント
 リクナビNEXT
 パソナキャリア
などです。

大手求人サイトで非公開求人を紹介してもらおう!
良質な求人は、申込者が殺到しすぎないようにしたり、ライバル会社に知られないようする為に、求人を非公開求人にする場合が多くあります。

求人会社に登録をすると、この非公開求人をサイトで閲覧できたり、サポートスタッフから教えてもらえたりします。

 

ちなみに求人サイトは全て無料ですのでご安心を!

求人サイトへの登録は無料ですので、登録している方の3人に1人が、3社に同時登録しています。

 

3社に同時登録している理由は、
■担当にどうしても当たり外れがあるため
■紹介してもらう求人の数を増やすため
■突発的に発生する優良求人を逃さないため

 

大手求人サイト3社

 リクルートエージェント  リクナビNEXT  パソナキャリア

求人数業界最多5万5000件!

求人の最大手リクルートの求人サイトです。求人数や転職支援実績、さらには顧客満足度もNo.1です。

転職者の約8割が利用!

転職をした方の約8割がリクナビNEXTの利用者というほど皆が利用しているサイトです。

取引企業12,000社以上!

パソナキャリアで転職した人の67.1%もの方が年収アップに成功しています。

ハローワークの求人情報から仕事を探すメリット・デメリット

ハローワークの求人のメリットとしては、求人数が多いという点です。
国が運営しているため、全国各地の求人がそろっていますので、その中から自分にあった仕事がみつかるはずです。
また一般の求人のほかに、障害者のための求人も提供しています。

 

反対にデメリットとしては、給与、福利厚生等において、高待遇の求人はなかなかみつけることができないという点です。
民間の職業紹介会社などと比べるとその差は歴然です。

 

また稀なケースではありますが、時に悪質な会社の求人が混ざっていることがあります。
ハローワークだからと安心せず、自ら下見やリサーチする姿勢も必要となるでしょう。

ハローワークの求人の質とは

ハローワークの求人の質で、良い点としては、地元企業の求人が多い点です。
地元での仕事を探すにはとても良い場所だと思います。

 

悪い点としては、公共の施設の為に求人を出すことが無料なので、経営状態が悪い企業であっても求人を出すことが出来てしまうという事です。

 

また、ハローワークではそのような企業への審査というものがありません。
その為、数は多いけれど、質の悪い求人も多く存在するということになります。

 

給与面や待遇面での質を求めて求職活動をするのであれば、以下のような転職サイトを利用すると良いでしょう。

大手求人サイト3社
 リクルートエージェント  リクナビNEXT  パソナキャリア

求人数業界最多5万5000件! 求人の最大手リクルートの求人サイトです。求人数や転職支援実績、さらには顧客満足度もNo.1です。

転職者の約8割が利用! 転職をした方の約8割がリクナビNEXTの利用者というほど皆が利用しているサイトです。

取引企業12,000社以上! パソナキャリアで転職した人の67.1%もの方が年収アップに成功しています。